オイルカット化粧品で美肌作り

“私が20代の頃から20年以上使っている基礎化粧品とメイクアップ化粧品は「オイルカット美容」を謳っているブランドのものです。
基礎化粧品は洗顔フォーム・化粧水・保湿液の3ステップでとてもシンプルなライン使い。

なぜ「オイルカット」がいいのでしょうか?
オイル(油分)は昔から肌を保護するためのものという常識でした。
私もそう思っていました。化粧水の後は乳液とクリームを使うのが一般的ですよね?
そこで、このブランドのホームページを見て改めて調べてみました。
オイルの代わりに何が肌に良いのか。それは、肌の内部に元々ある「酵素」でした。人の肌には酵素の働きで外部の刺激から守る力が備わっているそうです。この守る機能を高めるために有用な酵素を補うことで肌にかかる負担に負けない、健やかさを保つのだとか。肌の内側からもともとあるバリア機能を育てて美肌に導くということですね。

実際使い続けていて、無理がなく肌が元気に保たれているなあと思っていましたが、こういう仕組みだったんですね!今更ですが納得できました。自慢ではないですが、職場などでたまに「肌がきれいですね」と褒めらることがあります。
他のメーカーに浮気をしたこともありますが、また戻って継続してきてよかったなあと思います。また、「オイルカット」ではエイジングケアには物足りないのではないか、という不安もありましたが40代に入りエイジングケアラインを試してみたらと意外に良かったです。基本のラインに日焼け止め機能もある日中用の保湿液が加わったことでよりパワーアップしていました。これからも美肌のために「オイルカット美容」を続けていこうと思います。